• トップ
  • 師塩について
  • 師塩×食の達人
  • お買い物サポート
  • 商品購入

師塩の特長

塩角がなく、まろやかに旨い。

まずそのまま、味わってみてください。「塩辛い」では語れない、味の奥行き。それが、尖ったところのない、まろやかな旨さとなって口の中に広がるはずです。この旨さだからこそ、どんな食材にも調和して、素材のうまみを最大限に引き出します。ぜひ、今夜の食卓でお確かめください。

海水に含まれる微量ミネラルが、豊富。

人間が健康に生きていくうえで欠かせない微量ミネラル。ミネラル豊富な海域から、ミネラルを損なわず塩に取り込める製法で作られている「師塩」。だから、その結晶ひとつひとつには、大自然からの恵みが満ちています。

安全性は、最低限の条件です。

伝統的な製法。熟練の職人技。そして、海と太陽と風。人と自然の力だけで作り上げた、天日塩「師塩」。製品というより、作品と呼んでほしい逸品です。日本国内の安全基準はもちろんのこと、毎日安心して、お召し上がりいただけます。

ページの先頭へ戻る

師塩の使い方

シンプルに付け塩としてお召し上がりください。

塩カドがなく、まろやかな塩味で旨味があります。野菜や豆腐、刺身、天ぷらなどシンプルに付け塩としてお召し上がりいただくと、素材の持つ旨味を引き立てます。

焼き魚はふっくらと、焼き肉はジューシーに焼きあがります。

魚を焼く場合は、約15分前に、また肉を焼く場合は、直前に塩を振ってください。
表面の蛋白質が溶けて薄い膜となり、水分を飛ばし過ぎず。旨味を閉じ込めます。
塩味が中までよく浸透し、おいしく焼きあがります。

野菜の塩もみや漬物が風味よく仕上がります。

野菜の塩もみは、細胞内の水分がですぎず、シャッキっと色よく仕上がります。師塩で漬物を漬けていただくと、素材の風味が引き出され、おいしく漬かるだけではなく、味噌や醤油、みりんといった調味料の風味が増し、漬け込みも早くなります。

酢がまろやかになります。

サラダのフレンチドレッシングを師塩で作ると、ツンとした酢の香りが抑えられ、まろやになり、サラダがおいしくいただけます。

スパゲティがアルデンテに茹で上がります。

スパゲティを茹でる際、師塩をひとつまみ入れてください。麺の中にスムーズに水分が吸収され、弾力が増し、表面が滑らかに仕上がります。のびにくく、水っぽくなりません。

ご飯がふっくら炊き上がります。

ご飯を炊くとき、ひとつまみ師塩を入れると、米の保水力が高まりふっくらおいしいご飯が炊きあがります。保温しておいてもおいしさがキープされます。

業務用としても、ぜひお試しください。

味噌や醤油、漬物、パン、麺、ハム、菓子など加工食品に師塩をお使いいただくと、素材の持ち味を引き出し、まろやかでコクのある食品に仕上がります。

ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る

お勧め商品「師塩」木箱入り

自然の恵みである天然ミネラル成分いっぱいの次世代の命を守る 贈り物、ミラクルソルト「師塩」

安全、健康、なによりも美味。
すでに高級料理店、レストランの、一流の料理人に愛用されているそのクオリティを、ぜひお確かめください。


 


お勧め商品「師塩」木箱入り
ページの先頭へ戻る