「師塩」の使い方
その1
「師塩」の使い方 シンプルに付け塩としてお召し上がりください。
塩カドがなく、まろやかな塩味で旨味があります。野菜や豆腐、刺身、天ぷらなどシンプルに付け塩としてお召し上がりいただくと、素材の持つ旨味を引き立てます。
その2
「師塩」の使い方 焼き魚はふっくらと、焼肉はジューシーに焼きあがります。
魚を焼く場合は、約15分前に、また肉を焼く場合は、直前に塩を振ってください。表面の蛋白質が溶けて薄い膜となり、水分を飛ばし過ぎず。旨味を閉じ込めます。塩味が中までよく浸透し、おいしく焼きあがります。
その3
「師塩」の使い方 野菜の塩もみや漬物が風味よく仕上がります。
野菜の塩もみは、細胞内の水分がですぎず、シャッキっと色よく仕上がります。師塩で漬物を漬けていただくと、素材の風味が引き出され、おいしく漬かるだけではなく、味噌や醤油、みりんといった調味料の風味が増し、漬け込みも早くなります。

その4
「師塩」の使い方 酢がまろやかになります。
サラダのフレンチドレッシングを師塩で作ると、ツンとした酢の香りが抑えられ、まろやかになり、サラダがおいしくいただけます。
その5
「師塩」の使い方 スパゲティがアルデンテに茹で上がります。
スパゲティを茹でる際、師塩をひとつまみ入れてください。麺の中にスムーズに水分が吸収され、弾力が増し、表面が滑らかに仕上がります。のびにくく、水っぽくなりません。
その2
「師塩」の使い方 ご飯がふっくら炊き上がります。
ご飯を炊くとき、ひとつまみ師塩を入れると、米の保水力が高まりふっくらおいしいご飯が炊きあがります。保温しておいてもおいしさがキープされます。
その7
「師塩」の使い方 保存食づくりにぜひお試しください。業務用としてもおすすめです。
味噌やぬか漬け、梅干、干し物、パンチェッタなど、保存食作りに師塩をお使いください。師塩は発酵と熟成を助け、素材の旨味を引き出します。業務用としてもおすすめです。塩を変えるだけで、おいしさがワンランクアップします。

「師塩」の商品一覧

師塩(しえん)木箱入り 380g

「師塩」380g入り。木箱に入っていますので、料理が好きな方へ贈答用・ギフトなどに最適です。
師塩(しえん)木箱入り 380g
本体価格 4,600円
(税込価格 4,968円)

購入ページへ
師塩(しえん)小袋60g 3個セット

お試し用サイズ60gが3袋入っていますので、料理が好きな方へおすすめしてあげてください。
師塩(しえん)小袋60g 3個セット
本体価格 1,050円
(税込価格 1,134円)
※送料別

購入ページへ